バンクシーの絵が東京のどこ?ねずみの意味は?偽物?

気になるネタ

バンクシーの絵が東京に?東京のどこ?

バンクシーのねずみの意味は?

バンクシーの絵は偽物では?

 

詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

バンクシーの絵が東京に?東京のどこ?

バンクシーが東京にきた?そして絵を残した?

いったい東京のどこにバンクシーは絵を書いたのか?

 

それは、港区ゆりかもめの駅『日の出駅』前にある東京都が所有する防潮扉です。

 

地図で見ると、ここです。

 

そして、小池百合子が記念に写真を撮り、ツイッターにアップしています。

 

スポンサーリンク

バンクシーの東京の絵は昔からあった?2009年からあった?

バンクシーの絵は、急に話題になりましたが、どうやら2009年からあったようです。

 

もちろん、港区のゆりかもめ駅日の出駅の防潮扉にですよ。

ストリートビューをみたら2009年からありました。

 

スポンサーリンク

バンクシーの絵はなんでねずみなのか?ねずみの意味は?

バンクシーの絵でねずみは重要なモチーフなんですね。

 

バンクシーがねずみを描いた理由は重要な意味があるようです。

 

これは、バンクシーの作品集Wall and Pieceの日本版にあのネズミを反転した上に添えられた文章です。

とても、いい意味には感じられませんね。

 

人間っていうのは、もっとも愚かで不公平な類の種族だ。大半のランナーは、まともなスニーカーやきれいな飲み水さえ持っていない。

 

生まれつきすごくラッキーなランナーもいて、そいつらは道の途中でも手厚くケアされるうえに、審判まで味方みたいだ。

 

多くの人が完全に競争をあきらめて、観覧席に座り込んで、ジャンクフードを食べながらヤジを飛ばすのも不思議じゃない。

 

人類に必要なのは、もっと大勢なストリーカーだ。

 

 

バンクシーの絵は日本に他にもあった?

 

 

スポンサーリンク

バンクシーの絵を集めてみました

 

 

 

バンクシーの絵は偽物か?意外に簡単にバンクシーの絵がかける?

バンクシーの絵が本物か偽物かによって、えらい違いますよね。

バンクシーの偽物だったらただの落書きですものね。

 

でも、意外にバンクシーの絵って模倣できるのか?

できる人もやっぱりいるみたいですね。

 

東京の絵はとっても小さいから、偽物なのか?

 

 


私も反転させたのではないか?に一票です。

 


バンクシーのねずみの絵のステンシルが売っているんですね。

これがあれば、簡単にバンクシーの絵が模倣できますね。

 

 

 

コメント