インフルエンザで小学4年男子が死亡

インフルエンザで小学4年の男子が死亡していたことがわかった。

 

スポンサーリンク

インフルエンザで亡くなった小学生は、どこに住んでた?

長野県上高井郡に住んでいた。

 

インフルエンザで亡くなった経緯

亡くなった小学生は、11日は、学校に登校していた。

 

12日から体調を崩した。

 

そして、13日に亡くなった。

 

母親から学校に『インフルエンザ脳症で亡くなった』と連絡があった。

 

インフルエンザ脳症は、どんな症状?

インフルエンザ脳症の原因は、インフルエンザにかかったときに、なんらかの理由で脳に異常をが起こることで発症する。

 

インフルエンザ脳症の症状は、大きく3つある。

 

意識障害

ぼーとする

名前や場所がわからない

今日が何日か分からない

眠ってしまう

 

などの症状。

重傷だと呼びかけてもと起きない、反応しない。

けいれん

全身または体の一部がピクピクと動くことです。

 

けいれんが15分以上続いたり、繰り返す場合は注意しましょう。

 

異常な言動・行動

幻覚が起こる、意味の通らない言葉をいうら、ろれつが回らない、とつぜん恐怖や怒りをあらわす。

 

おもに5歳以下におおく見られるインフルエンザ脳症だが、大人もなることがある。

 

インフルエンザ脳症の診断

頭部CT検査を行います。頭部CT画像からは、以下の特徴が確認されます。

  • 本来なら白くみえるはずの脳全体または一部が灰色にみえる
  • 脳と脊髄のつなぎ目である脳幹がむくんでいる
  • 脳幹のまわりのスペーが狭くなってい
  • 白質と灰白質の境がわかりづら

 

などで判断力される。

 

インフルエンザで亡くなったす人数は?

長野県内でのインフルエンザが原因で死亡したケースは、

2017年=47人、

16年=24人、

15年=35人、

14年=22人、

13年=29人――。

インフルエンザでの死亡事例は、高齢者が多く、未成年は5年間で14年の1人のみだった。

インフルエンザ脳症の予防はどうしたらいい?

インフルエンザ脳症の予防には、やはり予防接種が一番のようだ。

インフルエンザワクチンを予防接種することでインフルを重症化することを抑えてくれる。

 

インフルエンザ予防の為にタミフルを服用するケースもあります。https://mamakosodate.com/1291/

 

 

コメント