激レアさん(2/4)に出ていた外国人空手家って?クラベ・エスラの年齢は?

激レアさんを連れてきた(2/4)のストⅡリュウに憧れ来日した外国人の空手家って誰?

 

クラベ・エスラの年齢は?

 

スポンサーリンク

激レアさんに出ていた外国人空手家って?

激レアさんを連れてきた!(2/4)の外国人空手家は、オランダ人空手家クラベ・エスラ。

激レアさんのクラベ・エスラの年齢は?

クラベ・エスラさんの生年月日が1987年4月30日なので、年齢は、31歳。

 

2019年2月現在の年齢は、31歳になります。

クラベ・エスラって誰?

クラベ・エスラは、IGN JAPANに所属するゲームライターとして日本にいます。

 

クラベ・エスラのプロフィール

生年月日:1987年4月30日

年齢:31歳(2019年2月現在)

出身国:オランダ

最終学歴:法政大学

職業:IGN JAPANのゲームライター

 

クラベ・エスラのツイッターは?

クラベ・エスラ本人のツイッターがあります。

 

クラベのくうちゃんというニックネームでやっています。

かっこいいですね。

クラベ・エスラとストⅡの出会いとは?

クラベ・エスラの小さい頃 ゲームに囲まれて育った

クラベ・エスラさんは、一人っ子でけっこう両親に甘やかされて育っており、周りからうらやましがられるほどのゲームに囲まれて育っていました。

 

5歳の誕生日プレゼントにファミコンをプレゼントしてもらい、初めてしたゲームは、『スーパーマリオブラザーズ』

旅行先で『ストⅡ』と出会う

そして、6歳の頃、『ストⅡ』と出会います。

本当に衝撃な出会い!運命的な出会いだったそうですよ。

 

夏休みに旅行した南フランスの小さなバーに置いてあったゲーム機が初代の『ストリートファイターⅡ』

 

日本でもゲーセンなどで良く見るあのゲーム機です。

 

もうとっても楽しかったようですよ。

最初にした格闘技ゲームだったようですからね。

 

そして、旅行から帰ってすぐに柔道着をねだったそうですよ。

 

しかし、少し柔道をしてその後サッカー少年になったようです。

本格的に格闘技に目覚める クラベ・エスラ

そして、その後13歳の頃に『シェンムー』という格闘ゲームに出会います。

 

とても作りこまれていたゲームだったので、クラベ・エスラさんはシェンムーで日本の四季を知ったぐらいです。

 

そのシェンムーとの出会いで、再び格闘ゲームにはまり、そして日本の武道にも関心をもつようになりました。

 

シェンムーをやるゲーム機は?アマゾンで購入!激レアさん2/4
シェンムーというゲームをやるにはどのゲーム機がいるの? 楽天やアマゾンで購入できる? 激レアさんと連れてきた(2/4)でクラベ・エスラさんがストⅡのほかにシェンムーというゲームで空手に憧れて、日本に憧れて、日本に留学して...

 

特に気に入った日本の武道というのが、ストⅡの主人公であるリュウの影響で空手でした。

 

地元の空手道場に通い始めました。

まさに空手人生の始まりです。

 

日本に憧れ、日本の高校へ留学する

その時に、『ストⅡ』『シェンムー』といった日本のゲームと出会い、はまって、日本に憧れをもつようになりました。

 

そして、富山県の高校へ1年間、留学します。

 

そして、留学後に、法政大学へ進学します。

 

クラベ・エスラさんは、高校から日本にいるので、日本語がとても上手です。

 

ほとんどネイティブのしゃべり。顔はかっこいいし、もてそうですよね(*^^)

大学時代に空手修行の旅へ

法政大学に進学すると、憧れの極真空手へ入門しました。

 

大学卒業後も、日本で空手を教えながら様々な大会に出場していました。

 

しかし、所属していた同情の事情などで、世界規模の大会には出場できなかったそうです。

 

しかし、クラベ・エスラさんは世界での自分の実力を試したくて、世界中の猛者を倒す旅に出るのです。

 

世界で様々な武道に触れる

世界中と旅したクラベ・エスラさんは、空手だけではなく、クンフーやジークンドー、ムエタイの修行・・・など様々な武道に触れました。

 

その中で中国の旅の最中に出会ったスペイン人と撮った動画を載せておきます。

 

リアルストⅡです。

 

 

IGN JAPANでゲームライターの仕事をしている

クラベ・エスラは、現在は、IGN JAPANでゲームライターとして働いています。

 

クラベ・エスラさん自身が自分を振り返って書いたブログはこちらです。

https://jp.ign.com/street-fighter-30-years/13981/opinion/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント