ネプリーグの村雨辰剛は結婚している?本名/経歴/名前の由来は?

ネプリーグに出演している

村雨辰剛は庭師として

活躍していますよね。

 

カッコイイし、一体どうして

日本で庭師をしているのか

気になりますよね。

 

そんな、村雨辰剛について

今回詳しく調査してみました。

 

村雨辰剛は、結婚している?

本名は?経歴は?

詳しく調べました。

 

スポンサーリンク

村雨辰剛のプロフィール

 

本名 ヤコブ・セバスティアン・ビョーク

出身地 スウェーデン

 

村雨辰剛の経歴

村雨辰剛は、スウェーデンで生まれます。

 

4歳のときに両親が、離婚します。

そのときに、母親と過ごすことを決めます。

 

そのあと母親は、再婚して2番目の父親と母親で暮らしていました。

 

しかし、実父とも会っていていい関係を保っていたそうです。

 

その後、実父も再婚します。

 

憧れは、2番目のお父さんだったようです。

 

空軍に勤務していて、普段は優しいが躾には厳しかったそうです。

 

なぜ村雨辰剛は、庭師になったの?

スウェーデンに住んでいた村雨辰剛がなぜ日本で庭師をしているのでしょうか?

 

学生時代は、歴史や、語学に興味があったようです。算数は、苦手だったとか。

 

海外に興味をもつようになり調べていくうちに日本の神道や宗教に興味をもちます。

 

歴史が好きなことから、戦国時代、古い建物、伝統工芸などに興味を示します。

 

 

特に日本の持つ、わび、さびの世界に強く興味をひくようになっていきます。

 

スポンサーリンク

日本で働くきっかけはホームスティ

16歳のときに、神奈川県にホームスティをします。

 

 

ホームスティ先の家が、日本家屋で毎朝仏壇でお経を唱えるような家庭だったんだとか。

 

村雨さんが求めている日本のイメージにピッタリ!

 

 

日本で働きたいと思うきっかけになったホームスティでした。

 

村雨辰剛が、庭師になった理由

村雨辰剛は、ホームスティをしたことでより日本に憧れを示すようになります。

 

日本伝統に触れながら

そして師弟関係がある仕事に憧れていきます。

 

 

18歳で来日します。

語学学校などで働きますが、やはり師弟関係がある日本伝統がある仕事の憧れは強くなります。

 

 

たまたま、求人雑誌で見つけた造園業

 

調べてみると、日本庭園を造る仕事だと分かりすぐに応募し、アルバイトをスタートします。

 

そして、弟子入りします。

憧れの師弟関係というわけです。

 

愛知県西尾市加藤造園で師匠のもと働くようになります。

 

5年間修行して

今は村雨辰剛さんは独立しています。

 

村雨辰剛の名前の由来

村雨辰剛という名前は、加藤造園の親方が考えてくれた名前になります。

 

親方のお父さんの名字が村雨だった。

 

村雨は、「南総里見八犬伝」に出てくる架空の名刀の名でもあり

かっこいいということで決まったそうです。

 

名前の辰剛は、辰年生まれであることでつけられました。

 

剛の字は親方の名前からもらったそうです。

 

村雨辰剛は、結婚して、帰化したのか?

村雨辰剛さんは、26歳で帰化しています。

 

村雨辰剛は、結婚して帰化きたという噂もありますが、デマです。

 

村雨辰剛は、結婚していません。

 

村雨辰剛さんは、実際に日本にきて仕事をして、日本のわびさびを実際に感じて、益々日本のことが好きになったそうです。

 

そこで、帰化することにきめたのです。

 

日本の帰化は

●5年以上日本に住所がある

●3年以上就労している

●成人して安定収入がある

●日本語能力が高い

 

などの条件がありますが

村雨辰剛は、全てクリアして日本に帰化することができたのです。

 

スウェーデンの家族は帰化を反対しましたが、村雨辰剛さんの日本に対する熱い想いで説得して、無事帰化することができました。

スポンサーリンク

村雨辰剛は結婚している?本名/経歴/名前の由来は?まとめ

村雨辰剛は、日本のわひとさびに憧れて、日本伝統、師弟関係など今の日本人が忘れている、日本人の心を持っている人でしたね。

 

とてもカッコイイですし、モテると思いますが、まだ結婚はされていないようですね(*^^*)

 

名前の由来も、親方につけてもらって、とてもいい名前ですよね。

 

これからも、日本で庭師としての働いてもらいたいですね♫

 

コメント