ブルーレイレコーダーの故障の前兆はあるの?

ブルーレイレコーダーって見たい番組を録画できて

とっても便利な機械ですよね。

 

いつでも見たい番組が見れるという安心感。

 

しかし、いつでも見れるが

見れなくなってしまったら!

 

壊れてしまったら見ることが一生できないかも?

そうならないためにブルーレコーダーの故障の前兆を知る方法はあるのか?

 

詳しく調べてみました。

 

ブルーレイレコーダーの故障の前兆は?

カリカリという変な音がする

ブルーレイのHDDから

カリカリカツンカツンと変な回転音がする。

 

パソコンなどのハードディスクと同様

ブルーレイレコーダーもHDDから

変な音がしたら故障の前兆と言えます。

 

ハードディスクが壊れてしまうと

録画していたものは全て消えてしまいます。

 

 

変な音がし始めたら、DVDに移しておく。

新しいブルーレイレコーダーを購入する。

 

これが後悔することがない

ベストな方法だと言えます!

 

【ブルーレイレコーダー買取ジャパン】

とういうものがあり、故障したブルーレイレコーダーも

買い取ってもらえます。

 

新しいものを購入する資金にできますね。



ディスクを入れて電源を入れるとガガガと音がする

ブルーレイレコーダーにディスクを入れると

ガガガガと言い起動する。

 

何か引っかかってる感じの音がする。

ディスクの読み取りがうまくできなくなったら

故障の前兆と言えます。

 

読み取りが上手くいかない前に

起動するまえにガガガガと変な音がしたら

要注意ですね。

 

ディスクを認識しない

録画した番組をDVDにコピーしていると

途中で失敗することが多くなる。

 

それが続いて次にディスクを認識しなくなった。

 

そうなった結果

そのあとすぐにブルーレイレコーダーが故障してしまった。

 

こんな話を聞いたことがあります。

 

DVDにダビングが何回も失敗してしまう。

そんな時はブルーレイレコーダーが故障する前兆。

 

早めに、見たい番組はダビングするなど

対処をしていきましょう。

停電したらブルーレイレコーダーは故障する可能性が高くなる

停電するとブルーレイレコーダーは故障する可能性が高くなります。

 

この停電というのは

落雷によるちょっとした瞬間の停電も含みます。

 

そういう停電が起こった場合、故障する可能性が高くなります。

 

停電が起こったあとはブルーレイレコーダーの音などに

注意してみましょう。

 

ブルーレイレコーダーの故障の前兆はあるの?まとめ

ブルーレイレコーダーの故障の前兆について

調べてみましたが、体験談などを読んでいると

 

変な音がする。

ガガガガと音がする。

カツンカツンと何かに当たっている音がする。

 

そんな場合は、故障の前兆だと言えることが多かった。

 

またDVDダビングが上手くいかないとか

ディスクを読み取れなくなった。

 

そうなると故障するのも時間の問題です。

 

HDDが故障してしまうと

録画したデータはなくなってしまいます。

 

復元するにはとても高いお金がかかってしまいます。

 

そうならないためにも、見たい番組は

すぐに見る。

 

残しておきたいものは、その都度DVDにコピーする。

 

それが重要になってきます。

 

ブルーレイレコーダーが変な音がしだしたら

故障の前兆になります。

 

完全に壊れる前には新しい

ブルーレイレコーダーを購入するのも考えましょう。

 

その時に、故障しかけたブルーレイレコーダーは

買い取りに出してみましょう。

 

新しいものを購入する資金になりますよ。



 

 

コメント