カメラを止めるな!のカッパみたいなプロデューサーは誰?笹原芳子役は?

気になるネタ

カメラを止めるな!とても話題になった

映画ですよね。

 

今回地上波で初放送されます。

2019年3月8日の21時から放送されます。

 

私は、ビデオパスで見ましたが

最初はつまらないーって思ったけど

途中からめちゃおもしろくなりましたよ!

 

そんな中に出ている

カッパみたいなプロデューサーの

女の人がいるんです。

 

あれは誰?!

詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

カメラを止めるな!に出ているカッパみたいなプロデューサーの女の人は誰?

カッパみたいな女の人っていうのがこちら。

 

この人、どんぐりさんです^^

 

本名は、竹原芳子。

 

カメラを止めるなでは、笹原芳子役として登場しています。

 

これは、やはり映画を見た人は

「インパクトがすごかった」

「どこからつおれてきたんや!あの人」と

言われるぐらいインパクトがあります。

 

竹原芳子さんプロフィール

本名:竹原 芳子

別名義:西天満亭 どんぐり
葵樹 泉

生年月日:1960年2月10日

年齢:59歳(2019年現在)

出身地:大阪府

身長:150センチ

血液型:B型

職業:女優 お笑いタレント

事務所:映画24区

 

2010年代は、お笑いをしていて

2016年あたりから女優として活動している。

竹原芳子(どんぐり)経歴

短期大学卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)

大阪1期生の募集をしようとしたが、

周囲の反対もあり就職。

 

証券会社の営業、裁判所の臨時事務官などをしていた。

 

裁判所に勤務しているとき、自分の話が人にうまく

伝わっていないと感じ、話し方教室に通う。

 

そのつながりで、2007年NHK文化センターの

落語教室に通う。

 

落語をきっかけに、表現する楽しさに目覚め

裁判所に勤めながら、

アマチュア落語家として高座にあがる。

 

そして50代になった2010年に

第二の人生という気持ちで

NSC大阪校33期生として入所。

 

どんぐりという芸名でピン芸人として活動。

 

しかし、芸人活動からは次第に離れていく。

 

落語家として桂文華に弟子入りを志願するが

年齢を理由に断られる。

 

芝居の勉強をしたいと考えワークショップに通う。

2016年から間寛平が座長を務める「劇団間座」の公演に参加。

女優活動をスタートさせる。

 

ここでは、葵樹泉

という名前で出演している。

 

2017年、ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第6弾で制作された『退屈な日々にさようならを』の舞台挨拶を見たことをきっかけに

本名である竹原芳子という名前で第7弾に参加。

 

そこで制作されたのが「カメラを止めるな!」だった。

 

登場シーンは少なかったものの

インパクトがある見た目、大阪弁で

見ている人に強い印象を与えた。

 

2018年には、吉本を離れ、映画24区に所属した。

それを機に「子供からお年寄りまで覚えてもらいやすい名前に」ということでどんぐりに戻した。

竹原芳子はどんぐりという名前で活動している

竹原芳子は、芸名がたくさんある。

 

しかし、今は、どんぐりという名前で

活動しています。

カメラを止めるな!のカッパみたいなプロデューサーは誰?笹原芳子役は?まとめ

カメラを止めるな!を見たら

必ず!これだれや!!ってなるのが

竹原芳子いやどんぐりです^^

 

カメラを止めるなの中では

プロデューサー役として無茶ブリしています。

 

そして、役名は、笹原芳子で登場しています。

 

カメラを止めるなを見て

カッパみたいな人誰?!ってなったら

それはどんぐり(竹原芳子)ですからね。

 


カメラを止めるなキャストの

他の出演作品を調べてみました。

 

コメント