塩の結晶で夏休みの自由研究をしてみよう

やっと夏休みが終わりました!本当にヤレヤレです。

 

世のお母さん方は、ホットしている方が多いのでは・・・

2学期なにも問題起こさないでーっていう心配はありますが、やっと終わりました。

 

夏休み、自由研究をしようといろいろ考えました。

https://mamakosodate.com/ziyuukennkyuu/

 

サイトにはいっぱい面白い自由研究のテーマがあったんですが、私は塩の結晶を作りました。

 

スポンサーリンク

塩の結晶を作ってみよう

塩の結晶を作るのに用意するもの

・水  ・塩  ・コップなど  ・釣り糸  ・割りばし  ・モール

 

塩の結晶の作りかた

①水に塩をいっぱい溶かす

②モールを好きな形にして、釣り糸でつるして、割りばしにくくる

③②を塩水につける

④観察

 

簡単ですよね。学年によって書き方は変わってくると思います。

小学2年生の次男は、塩をいっぱい溶かすと表現しました。

 

小学校4年生の長男は、飽和食塩水を作りました。

調べさせて、きっちりとした飽和食塩水を作りました。

 

ゆっくり温度を下げると早くキレイな結晶ができるので

鍋に火をかけながら塩を水に溶かしました。

 

そして、それをコップに入れて、モールを入れて放置。

 

1日でうっすらと結晶がついていました。

 

20日ほどでしっかり結晶がつきましたよ。

 

塩の結晶を大きくしよう

塩の結晶は、四角になります。その綺麗な四角になった結晶を大きくしよう!

 

ってことで、塩の結晶を釣り糸で結び(これすっごく大変)、飽和食塩水に浸けておきましょう。

 

大きな結晶になることもあります。

 

私は、四角の結晶が何個もついていて、大きな四角の結晶になるかなって思っていたけど、ならなかった。

 

残念。これ、できるまでやるとやりごたえありそう。

 

ミョウバンの結晶をつくろう

塩の結晶は四角ということが分かった。

なら、他の結晶も四角なのかなってことで調べることに。

 

これは、小学4年生の長男しかしてません。そんなに小学2年生の次男は画用紙にまとめられないって思ったし、また来年の自由研究にしよう。

 

で、砂糖の結晶もあったんだけど、我が家、家の中にありがよくでるのでやめました。

 

なので、調べてみたらミョウバンがキレイな結晶になるのだと。

 

 

ミョウバンってナスのあく抜きとかに使うんですってー。知らなかったわ。

 

ミョウバンはどこで売ってる?

そう、ミョウバンなんて知らない私。どこに売ってるのかも分からない。

 

調べたら、普通にスーパーにありました。

 

砂糖や塩のあたりにありました。

漬物の汁みたいな近くにあることもあるみたいです。

 

こんなやつがミョウバンです。

 

焼きミョウバンでいいみたいです。

 

ミョウバンの結晶の作りかた

もう塩の結晶と同じやり方です。

 

水100mlに対して、焼きミョウバン15gほど溶かしました。

 

そしたら、ビックリ1日で3センチ以上の大きな結晶がコップの底にできたんです。

 

それは、すぐに取り出して、ミョウバンの結晶はもろいと聞いたので、マニキュアのトップコートで保護をしておきました。

 

ミョウバンの結晶は、とってもキレイ。透明度が高く、キラキラしています。

まるで宝石みたいですよ。女の子も好きそう。

 

そして、ミョウバンの結晶は、6角形でした。

塩の結晶と比較できて良かったですよ。

 

もう今年の夏休みは終わってしまったけど、来年の自由研究の参考になれば嬉しいです★

 

ミョウバンの大きな結晶を作ってみたい(私がね)

すっごくキレイなので、ミョウバンの結晶もお勧めです★

 

 

コメント