擦り傷を早く治す方法

子どもの怪我

擦り傷を早く治す方法を知っていると、子どもが怪我をしたときに役に立ちます。

 

子供って擦り傷が多いですよね、少しでも治りを早くしたいですよね。

 

それなら、湿潤療法をお勧めします(#^.^#)

 

スポンサーリンク

擦り傷を早く治す湿潤療法って?

湿潤療法って知っていますか?読み方は、しつじゅんりょうほうです。私が読めなかったから( ̄。 ̄;)

 

私が小さい頃は、こけたりして血がでたら、消毒して絆創膏でした。で、傷は、カサブタになり、かゆくなり、かいてカサブタとれたらまた血がでたり、、、とね。

 

カサブタってとってもかゆいですよねー!

 

今では、湿らせて傷を直す湿潤療法ってのがあります。

 

長男のやけどのときも湿潤療法で直しました。

 

https://mamakosodate.com/2016-11-09-post-112/

 

湿潤療法って聞くと、なんだか難しく感じますが、キズパワーパッドとかの絆創膏は、この湿潤療法を使って直しているのです。

擦り傷を早く治す湿潤療法のやり方

まず、擦り傷などの怪我をしたらとにかく水などで菌や汚れを流すことが大事になります。

 

湿らせて直すのでどうしても菌が増殖しやすいのです。

 

このときに、消毒は、使いません。使わない方がいいんです。

 

消毒には、いい菌をも殺してしまいます。なので、消毒はせずに、洗い流してください。

 

そして、キズパワーパッドなどのハイドロコロイドの絆創膏などを貼ります。

 

ラップと白色ワセリンとサージカルテープでも代用できます。

 

ラップに白色ワセリンを塗り、それを擦り傷など怪我した部分に覆うように貼ります。なるべく空気が入らないようサージカルテープなどで止めます。

 

ラップの場合は、1日2回ほど夏場は、変えた方がいいです。変える場合は、ボディーソープなどで優しく皮膚についたワセリンなどを洗い流しましょう。

 

キズパワーパッドなどのハイドロコロイドの場合も1日1回は、変えましょう。

擦り傷を早く治す湿潤療法の良いところ

なんといっても、痛くない、治りが早い、傷跡がきれいですね。

 

消毒すると痛いじゃないですか?

 

またガーゼなどを当てた場合、はがすのがとても痛いですよね。

 

あれ、ガーゼに新しく作られた皮膚がついて、一緒に新しい皮膚まではがされてるんだって。そりゃ、痛いですよねー

 

でも、湿潤療法なら、消毒もしなくていいし、キズパワーパッドなどもはがすのも、お湯をかけながらゆっくりはがすと、そこまで痛くありません。

 

カサブタを作らずに直してしまうので、引っ張られた感じや、治りかけのかゆさなどは、ありません。

 

軽いすり傷なら3日ほどで綺麗に治る場合がほとんどです。

擦り傷を早く治す湿潤療法の悪いところ

湿潤療法の悪いところは、やっぱりキズパワーパッドなどの値段が高いことですね。

 

気軽にカットバンのようにバンバン使えるほど安くないのが現状です。

 

なので多少の傷なら、カットバンを貼ってしまいます。

 

あとは、菌が繁殖しやすいので、やり方を間違えるとよけいに痛くなるということですかね。

 

しかし、毎日交換をするなどしていれば、菌が繁殖してひどくなることはありません。

 

私も何回か湿潤療法をしていますが、キレイに治っています。

 

ひどい傷の場合は、湿潤療法をやっている病院などを探して受診したほうが間違いありませんが、どこまで医者に湿潤療法を正しく理解しているかは、分からないので心無い対応をされることもあります。

 

私もありましたから、、、本当に、医者に馬鹿にされたように扱われると腹がたちますよね!

擦り傷を早く治す湿潤療法がリーズナブルにできる商品

湿潤療法として知られているキズパワーパッドは、高い!本当に高い!

 

私のような一般家庭では、なかなかバンバン使えるようなものではない、

 

顔に怪我したときなどは、使うけど、膝とかのけがは、使わないなど使い分けをしていました。

 

が、とってもリーズナブルな商品があることを知ったんですよ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ズイコウ ハイドロコロイド包帯 大きめロール(1巻)
価格:718円(税込、送料別) (2016/11/27時点)

 

これは、傷に合わせて自分で切るようになりますが、10分センチ幅×40センチも入っていて、700円ほどなんです。

 

キズパワーパッドなどの4分の1ほどの値段なんです。

 

これが手元にきてからは、ちょっとした傷でも湿潤療法をする事ができています。

ハイドロコロイド包帯は、そのまま貼って大丈夫?

ハイドロコロイド包帯の説明には、

キズ口は、プラスモイストなどのキズあてパッドで保護してから使用してください。

と書かれてあります。

 

キズあてパッドにプラスモイストがいるんなら、結局高額になるじゃないと思いますよね?

 

私も思いました!けど、そのまま傷にあてても大丈夫だそうです。

 

あくまで自己判断でやってもらいたいですが、私もそのまま貼っていますし、医師の方も大丈夫だと言われています。

 

【ズイコウ ハイドロコロイド包帯】
2013年4月段階で,国内で販売されているハイドロコロイド材でダントツの値段の安さを誇っている。単位面積当たりの値段で比較すると,従来のハイドロコロイド絆創膏の1/4程度の値段である。
包帯やガーゼのような「雑品」であるが,創傷被覆材としての治療効果は他のハイドロコロイド被覆材と全く同じであることは筆者が確認している。つまり,傷よりやや大きめに切って裏の紙を剥がし,傷に直接張るだけである。つまり,「創傷被覆材」として使用する商品である(もちろん,大金持ちなら「包帯」として使うことは可能。)
デュオアクティブETより薄くしなやかでフィット感が良く,しかも接着力が強すぎないために,剥がす際の皮膚損傷が少ない(印象がある)
10×40cmとサイズが非常に大きく,広範な傷,ヤケドでも大丈夫! もちろん,自由な大きさ,形に切って使える。

 

参考 薬局・ネットで買える創傷被覆材

http://www.wound-treatment.jp/next/dressing/02.htm#09

傷口の写真などがありますので、苦手な方は、気をつけてください。

 

気軽に湿潤療法で、子どもの擦り傷などの怪我を早くきれいに治しましょう。

 

 

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_
更新の励みになります(*^_^*)ノシ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_

コメント