湿潤療法の経過(写真つき)

子どもの怪我

湿潤療法の経過を写真つきで紹介していきます。

 

次男が、アスファルトの坂道でこけてしまい、傷口がえぐれたようになってしまった。

 

あれが起こったのは、2016年11月24日でした。

結局病院には行かず湿潤療法で治療をしました。

スポンサーリンク

湿潤療法でどのように治療したか?

最初は、こまめに変えたくて、ラップとワセリンで湿潤療法をしました。

 

次の日からは、傷パワーパッドを使いました。

傷口が大きかったので、大きいやつを使用しました。

 

 

しばらくして傷口が落ち着いたら格安の傷パワーパッドを使って治療をしています。

 

これ、傷パワーパッドの1/4の値段なんです^^

我が家は常備薬として置いてあります。

湿潤療法の経過!写真付

これを記録しているのは、2017年3月10日です。

もうすぐ4か月がたちます。

 

これから先は、傷口の写真があります。苦手な方はご注意ください!!

 

では、いきますよ。

 

本当に傷口が苦手な方は、見ない方がいいです。

 

私も本当は血とか大っ嫌い、傷口なんて見れない人でしたが。。。

 

男の子2人を育てていると、血を見る機会は多くなりました。

 

まだ平気とは、言えませんが、わが子の傷口見ないといけませんからね、だいぶ慣れたところです。

 

はい、では、湿潤療法の治療の経過を紹介します。

 

湿潤療法できをつけたこと

  • 毎日、傷口のチェックをする
  • 毎日、傷パワーパッドを交換する
  • 膿んだら、病院に行く

 

気を付けたことは、このくらいです。

 

あとは、次男は、いつもと変わらない生活をしていました。

 

痛がりもしなかったので、ふつうに元気に外で遊びまわっていて、こっちが心配なくらいでした。

 

怪我をしたのが2016年11月24日で、その日の写真はありません。

あまりにショックで写真どころではありませんでした。

 

次の日から落ち着いたので、これから誰かの参考になるかもしれないと思い

写真を撮りました。

傷口がえぐれていますね。

 

この傷は、やはり縫った方がよかったのかもしれません

 

ママ友に外科の先生がいたのであとで聞いたところ言われました。

 

うちの子は、病院を嫌がったので連れていけませんでした。

 

行くなら形成外科が良いです。傷口を残らないように綺麗にしてくれます。

外科ではなく、形成外科です。

 

湿潤療法、直りはとても早く感じました。

すごい、もうふさがっていきいると子どもの治癒力には感動。

本当に湿潤療法は、痛がらないんです。走り回ってましたからね。

 

4日でこの傷の回復力。湿潤療法って本当にすごいんだなと思いました。

 

1週間と1日で傷口がふさがりました。直りが早いと感動。

 

すっかりとまではいきませんが、だいぶ傷口が綺麗になってきました。

 

しかし、このあとから、傷口が盛り上がってきました。

 

前、やけどのときに、肉芽が盛り上がることがあると聞いていたのでこれか!と思いました。

 

この後は、しっかりワセリンやアッとノンといったクリームを毎晩塗って様子をみることにします。

 

誰かの参考になればいいな。

 

白色ワセリンとアットノンです↓

 

今こうやって見返すと、12月2日で上皮化したので湿潤療法もやめて良かったのかも。

これですね。そのあと、周りの皮膚が少し荒れてきていますよね。

 

このときに、ワセリンで保湿しながらガーゼなどで保護しても良かったのかもしれません。

 

病院で見てもらっていないとこういうときに、判断できませんね。

いい勉強になりました。

 

湿潤療法の経過でした。

 

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_
更新の励みになります(*^_^*)ノシ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_

コメント