ドレニゾンテープを傷跡に貼ってみた

子どもの怪我

ドレニゾンテープを次男の傷跡に貼ってみました。

 

12月にアスファルトでこけた次男。

それから4カ月たった頃の傷の経過を書きます。

傷口自体は、比較的にすぐにふさがりました。

 

その傷の経過はこちら。(傷口がありますので苦手な方は注意してください

湿潤療法の経過(写真つき)
湿潤療法の経過を写真つきで紹介していきます。 次男が、アスファルトの坂道でこけてしまい、傷口がえぐれたようになってしまった。 あれが起こったのは、2016年11月24日でした。 結局病院には行かず湿潤療法で...

 

そして、傷口がふさがったら今度は、傷口が盛り上がってきました。

 

なのでワセリンなどを塗って保湿していましたが、

別件で皮膚科に行く用事があったので、ついでに見てもらいました。

スポンサーリンク

傷口が盛り上がったのを見て皮膚科の先生は?

あーひどいのやっちゃったね。

といった感じ。

 

別件で手術することになった次男なので、

ついでに傷口も手術する?的に言われました。

 

が、手術するまででは、ないかなって思ったのでお断りしました。

 

男の子だし、ヒザだしね。もう傷口だらけなんですよ。

 

膝小僧。ってそういう問題でもないのかしら?

 

だんだんと傷に寛容になっている男の子2人のお母さん。肝っ玉すわってきたかな。

 

傷口の写真です。もう比較的にキレイになったと思ったんだけどな。

白っぽくなって盛り上がったような感じになったました。

薬を塗って保湿がいいですよ。とのことでした。

 

なのでワセリン塗るのも間違いではなかったな。

 

あと、テープみたいなのを貼るっていう治療法もあるようです。

 

そのテープに薬が含まれていて、傷口に貼るんです。

 

上の傷は、そのテープを貼ってるんですが、気が付かないですよね。

 

貼ったら透明になるみたいで、目立ちません。

 

だされた薬(テープ)がこれです。

ドレニゾンテープというものらしい。

 

ステロイドが含まれているテープです。

 

これを傷口の大きさに切って傷口の上に貼るんです。

 

これは、ほんと地道にやる方法で、何カ月もかかりますよって言われたけど、大丈夫です。

 

と言ってもらいました。1か月ごとに経過を見せにいくような感じです。

 

すこーしずつだけど、肉牙の盛り上がりが減った?そんな感じです。

 

ドレニゾンテープを傷跡にまとめ

これは、ほんと地道に直すしかない感じですね。

 

やはり、最初の傷をしたときに形成外科に連れていき、縫ってもらえばよかったかな?と少し後悔もあります。

 

ま、こうなってしまったんだから、コツコツ治療していきます。

 

別件の手術のときに、一緒に切って縫ってもらうのもありかもな。

 

と少し考えてみます。手術は、夏にする予定なので。また先生に相談してみます。

 

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_
更新の励みになります(*^_^*)ノシ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_

コメント