歯磨きを嫌がる子どもの解決策はこれ!

子どもの悩みetc

もう夏休みが早く終わってほしいと思っています。

 

最近は、頭痛がひどくなってきました。うるさい(;一_一)

 

暑いからなかなか外で遊ぶということもできずに、家にいるとストレスがたまるしでやってられません。

 

さて、今日は、子どもの歯磨き嫌いについての相談です。

 

 

歯磨きする事が大嫌いでした。

 

歯が生えてきた頃に歯磨きを開始しましたが、全力で拒否されていました。

 

磨こうとすると泣いて嫌がりましたし、ハイハイして逃げようとしたり、隠れようとまでしていました。

 

旦那が帰宅している時には、一人が体と腕を抑える係で、もう一人は歯を磨く係になって行っていました。

 

しかし、必ず2人で歯磨きが出来るわけではないので、何とかして1人でも歯磨してあげられるようにしたいと考えていました。

 

歯磨きを嫌がる子どもの解決策は?

 

スポンサーリンク

子どもが歯磨きを嫌がる!こうやって直しました

まず1つ目は、子供の両手に子供用の歯磨きを持たせました。

 

両手を簡単に使えないようにして、子供の動きを封じるためです。

 

この作戦は成功してある程度の抵抗は少なくなりました。

 

しかし、まだ嫌がる事には変わりありませんでした。

 

ある時、いつまで歯を磨かれるのかが分からないので恐怖心を抱く事があるという話を聞きました。

 

そのため、歯磨きをしている間に歌を歌う事をしました。

 

歌は子供が良くしている大好きな歌にしました。

 

私が歌うと笑顔を見せてくれたので、口を開けるようになって、少し磨きやすくなりました。

 

3つ目は歯磨きの絵本を読み聞かせしました。

 

初めは読み聞かせをしているだけでしたが、おもちゃの歯ブラシを使って絵本のキャラクターを一緒にゴシゴシと歯磨きする動作をして遊ぶようにしました。

 

このように遊んだ事で歯磨きはどのような事をするのかを理解してくれたようで、1歳半になる頃には自分から歯磨きしてほしいと言ってくれるようになりました。

 

歯磨きを嫌がると毎日のことなのでお母さんも困ってしまいますよね。

 

それにむし歯も心配です。

 

その子どもによって好きなものは違うので、やり方は変わってくると思いますが、子どもの歯磨きを嫌がるのをなおした方法です。

 

自分の歯磨きを持たせる

・歌を歌って、その歌が終わると歯磨きも終わるようにする

・歯磨きの絵本を使う

 

歯磨きの絵本ってどんなの?

ここで登場した歯磨きの絵本ですがお勧めを紹介します。

 

これは、保育士をしていたころに、0歳児や1歳児でよく読んでいた絵本です。

 

とてもかわいいキャラクターが歯磨きをしているのでお勧め。

 

おもちゃの歯磨きなどを用意して、子どもに絵本のキャラクターの歯を一緒に磨いてあげると喜びます^^

 

 

みんな大好きアンパンマン。

好きなキャラクターが歯磨きしていたら、きっと子どもも喜んで歯磨きするようになりますよ。

 

 

これは、ミキハウスの絵本になります。

 

音がでるしかけ絵本なので、絵本に興味があまりないお子様でも楽しく見ることができます。

 

子どもの歯磨きはいつからスタートするの?

歯磨きをいつから始めればいいのか分かりにくいですよね。

 

でも習慣つけることが大事になりますので、歯が生え始めたなって思ったら寝る前に歯磨きをするという習慣をつけるようにしましょう。

 

もちろん、最初は、嫌がったりするし、うまくいかないこともありますが、毎日なんとなくやるっていうところから始めましょう。

 

だいたい、歯が生え始めるのが6か月~1歳ぐらいです。

 

もちろん、個人差はありますので、あまり遅いからと気にすることはありません。

 

そういう時は、ガーゼなどで口の中を拭いたりして、少しずつ歯磨きに変えていきましょう。

 

子どもは、最初に下の歯が生え始めます。

 

そしたら、歯磨きの練習を始めましょう。

 

次に上の歯が生えます。この前歯の上が一番むし歯になりやすい歯ですので、前歯4本が生えたら、本格的な歯磨きスタートと考えてもらえたらと思います。

 

歯磨きを嫌がる子どもにはチャレンジがお勧め

長男は、【こどもチャレンジ】 を6ヶ月からしていたので、歯磨きのことはしまじろうが全部教えてくれました。

 

付録で鏡がついて歌を歌うのがあったので、DVDと一緒のがあるから喜んで自分から鏡を見て口を開けてくれていました。

 

我が子は、歯磨きを嫌がらなかったのは、しまじろうのおかげかな?って思ってます^^

 

資料請求はこちら↓

 

 

 

コメント