ADHDの遺伝の確率って知ってる?

子どもの発達障害

adhdは、先天的な病気であるために、遺伝も大きく関係すると言われています。

 

もし、自分やパートナーがadhdのとき、妊娠したら、

 

もしかしたら・・・この子もadhdかもしれないと不安になると思います。

 

今日は、遺伝の確率を調べてみました。

スポンサーリンク

両親がadhdの場合、子どもに遺伝する確率は?

もし、両親2人ともadhdの場合、子どもに遺伝する確率は、最低20%。

 

母親がadhdの場合、子どもに遺伝する確率は?

母親がadhdの場合、子どもに遺伝する確率は、7~8%。

 

父親がadhdの場合、子どもに遺伝する確率は?

父親がadhdの場合、子どもに遺伝する確率は、15%。

 

兄弟がadhdの場合、ほかの兄弟が遺伝する確率は?

兄弟にadhdがいる場合、その他の兄弟がadhdになる確率は、25%~35%。

 

遺伝など関係ないadhdの発生率は?

子ども全体を対象にした場合の、adhdの発生率は、3%~5%。

30人のクラスで1人の確率ですね。

 

実際の話まとめ

発達障害は複数の遺伝子の複雑なからみあいで生まれるものですし、多くの形質は劣性でしょうから染色体の片方にあるだけでは発現しない形質も多いでしょう。
だから両親がともに発達障害でも子供には発達障害の症状は現れないということはありえます。ぎゃくに、正常な両親から重度の自閉症が生まれることもあります。

 

 

まとめ

発達障害については、いまだ解明されていないことが多く、必ずしも遺伝するとは、限りません。

 

自分がadhdだから、主人がadhdだからと必ず子どもがadhdになるということはありません。

 

両親がadhdでも子どもは、adhdではなかったり、

両親がadhdではないのに、adhdの子どもができたりと、そんな一筋縄ではいかないんです。

 

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_
更新の励みになります(*^_^*)ノシ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_

コメント